わざと負け狙った」バドミントンの8選手失

ロンドン五輪バドミントン女子ダブルスの1次リーグで、無気力なプレーをした中国、韓国、インドネシアの4組8選手に対し、世界バドミントン連盟は1日、全員を失格にすると発表した. 決勝トーナメントの対戦を有利にするため、7月31日のリーグ最終戦で意図的に負けようとしたためで「試合に勝つために最大の努力をしなければならない」「競技を冒涜(ぼうとく)する行動をしてはならない」という連盟規則に抵触すると判断した. 問題となったのは、昨年の世界選手権優勝で世界ランク1位の王暁理、于洋の中国ペアと韓国ペアの対戦と、その後にあった別の韓国とインドネシアのペアの対戦. 最初の試合では、サーブミスが中国ペアは10回、韓国ペアも4回あった. 長いと30回以上続くラリーも第1ゲームの最長はわずか4回で、観衆からはブーイングが起き、審判も注意する異例の事態になった. 今大会から1次リーグが採用され、各組2位までが準々決勝に進む. 世界ランク1位ペアは2位通過なら、世界ランク2位のもう一組の中国ペアとは決勝まで当たらず金銀独占が望め、実際に世界ランク1位ペアが負けた. 最初の韓国ペアは準々決勝で勝っても、準決勝で世界ランク2位ペアに当たるため、それを避けるために負けを狙ったとみられる. サッカー通販 後の試合に出てきたもう一組の韓国ペアは負ければ、準々決勝で韓国同士の対決となり、韓国勢が確実に準決勝に残る状況をつくりたかったが、結果的に勝ったため、世界ランク1位ペアと対戦することになっていた. 世界バドミントン連盟は1日朝から聴聞会を開き、処分を決めた. 失格になったペアと同じ組の3、4位の計4ペアを繰り上げて、準々決勝を実施することになった. 繰り上げられるペアに日本勢はいない.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>