サッカー五輪予選 シリア敗れ日本再び首位に

サッカーのU―23(23歳以下)代表で争うロンドン五輪アジア最終予選C組のマレーシア―日本が22日に当地で行われ、5大会連続の五輪出場を目指す日本は4―0で快勝し、1試合を残して通算4勝1敗の勝ち点12とした. 同組のもう1試合は、バーレーンがシリアに2―1で勝ち、両国は勝ち点9. C組2位だった日本は、シリアから首位を奪回した. 日本は3月14日に東京・国立競技場での最終戦でバーレーンと対戦. 勝つか引き分ければC組首位を守って五輪出場権を獲得し、敗れても1位で予選突破の可能性がある. アジア最終予選は12チームが3組に分かれて2回戦総当たりで対戦し、各組1位がロンドンの出場権を獲得. 2位の3チームは3月にベトナムで総当たり戦を行い、勝者はアフリカのセネガルと大陸間プレーオフに臨む. アシックス バッシュ (時事).

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>