タイ憲法裁「総選挙の延期可能」 首相の決

タイの憲法裁判所は24日、2月2日投開票の総選挙(下院、定数500)について、政府と選挙管理委員会の双方が同意すれば延期が可能だとする判断を下した. これまで予定通りの実施を主張してきたインラック首相の決断が焦点となる. 反政府デモが長引くなかでインラック氏が事態打開を目指して昨年末に下院を解散、総選挙を2月2日に行うと決めた. UGG ブーツ 2014 しかし反政府派の妨害が続き、選管は「選挙運営ができない」と延期を政府に求めてきた. 政府は「延期する法的な権限がない」としていた. このため、選管が憲法裁に①延期は法的に可能か②延期の権限は誰にあるか、の確認を求めていた. 憲法裁は、政府と選管が共同で新たな選挙期日を定めることができるとの判断を示した.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>