メトロクロス』が現代の技術で進化した!

16日、巨人10―1楽天) 巨人が得意の強打で、交流戦初優勝を決めた. 3回までに大量9得点. 「勝てば優勝」という重圧を解き放ったのが、阿部だった. 1回1死満塁でカウント2―2から、塩見の139キロの球を右前へ先制2点適時打. 好調さを反映し、テニスのラケットのように軽々と打ち返した. 「追い込まれていたのでコンパクトなスイングを意識した. バンダイナムコゲームスは、PS3/Xbox 360ダウンロード専用ソフト『エアロクロス』を開発中だ. 『エアロクロス』は、1985年にナムコ(現: バンダイナムコゲームス)からリリースされて人気を博したアーケードゲーム『メトロクロス』を、現代の技術とセンスで作り直したACT. 『パックマン』をリメイクした『パックマン チャンピオンシップ エディション DX』と同じく、ナムコジェネレーションズプロジェクトの1作品にあたる. 『メトロクロス』とは? プレイヤーである傷だらけのランナーを操作し、地下通路に仕掛けられたさまざまなトラップや障害物を乗り越えて、時間内の走破を目指すシンプルなゲーム. ステージの障害物やアイテムの配置は常に同じなので、繰り返しプレイして配置を記憶することが、オールクリアの基本となる. ※1985年に発売された『メトロクロス』の画面写真 ナムコジェネレーションズとは? かつてナムコが世に送り出した名作ゲームの数々を、現代の技術とセンスで作り直し、新たな価値を付加して配信していくプロジェクト. シリーズ第1弾として配信された『パックマン チャンピオンシップ エディション DX』は、世界で評価を受けている作品となった. ※”ナムコジェネレーションズ”シリーズ購入者には、画像のような最新ニュースが定期的に送られてくる. アクションを駆使して走り抜く! 『エアロクロス』は、舞台が地下から青空の下へと代わり、ビジュアルが大幅に進化. さらに”スリップストリーム”や”エアコンボ”などのテクニカルなアクションが搭載され、ゴールへの疾走を熱くする. 目の前の敵走者の後ろを走ることで、通常より速く走れる”スリップストリーム”のテクニック. ワンポタンで瞬間的に急加速ができ、目の前の敵走者や障害物を一気に吹き飛ばす”ラムエアダッジ”というアクションもある. 敵走者や障害物などのギミックを巧みに利用することで、地面に着地することなく空中での連続アクションを行い、爽快な移動が可能になる”エアコンボ”. もちろんスケボーも登場. 近未来を感じさせる乗り物になっている. ランナーがダンディに! 女性キャラも登場 シンプルなルールで楽しめるゲーム性はそのままに、現代ハードならではのアクション要素を採りいれた『エアロクロス』. ゴールを目指す新たなランナーは、『メトロクロス』時代から大きく姿を変えた男性キャラクタータイプに加え、女性キャラクタータイプが登場する. 『メトロクロス』時代のランナー. こうして見ると、とても愛嬌(あいきょう)がある? 『エアロクロス』のランナーは、CGで描かれたダンディでクールな雰囲気ただよう姿になった. 右画像が女性キャラクタータイプのランナー. なお、『エアロクロス』のプロモーションムービー第1弾が、動画配信サイトYoutubeで公開された. ぜひ PV で動いている様子を見てほしい. 以下、スクリーンショットを掲載する.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>