保安院、泊・川内原発の審査結果示す 評価

停止中の北海道電力泊原発1、2号機と九州電力川内原発1、2号機について、経済産業省原子力安全・保安院は8日、再稼働の前提となるストレステスト(耐性評価)1次評価の審査結果を専門家会合に示した. 近く廃止される保安院では審査が十分できないとして、両電力会社が提出した報告書が妥当かの最終的な評価は見送った. 今後の審査は、9月に発足予定の原子力規制委員会に引き継がれる予定. だが、ストレステストの扱いを含め、再稼働を認める際の安全基準をどうするかは原子力規制委の判断に委ねられており、まだ決まっていない.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>