最後は怖がりライターアシックス シューズ ウィメンズが『F.3.A.R.

F.3.A.R.(フィアー3)』は、CERO: Z(18歳以上のみ対象)のソフトです. ※18歳未満の方は購入できません. ―――――――――――――――――――――――――――――― どうもこんにちは、誘われるままに電撃オンライン編集部にやってきたら、なぜかPS3/Xbox 360用ACT『F.3.A.R.(フィアー3)』をやらされることになってしまった、怖がりライターのてっけんです. だから怖いゲームはイヤだっつってんだろっ!! 最初に断っておきますが、僕はこのシリーズ、前作・前々作ともにまったくの未経験です. だいたいタイトルが『F.E.A.R.』って時点で、怖がりの僕が遊ぶわけないでしょ! 日本語に訳したら”恐怖”ですよ! 遊んでたまるか! そういうわけで前作までのストーリーとか、主人公が誰かとかいった予備知識は一切ありませんが、とにかくコントローラを渡されちゃったからには断れないのがライターのツラいところ. ええい、やりますよ、やってやりますよ! さいわい基本的なゲーム内容については前の2人( 黒船Mk-II(マークツー) 、 おハナ )がだいたい説明してくれているので、僕のレポートでは”初プレイのライブ感”を重視しつつお送りしていきたいと思います. CERO: Z指定だけあって、結構ショッキングなシーンも多数. 早く終わらせて帰りたい… . 最初のステージは監獄… いきなり幽霊デターッ!? んで、早速ゲーム開始. どうやらスタートは監獄のような施設からみたいですね. はじめは敵に捕まって拷問されていた主人公ですが、なんかソウル体っぽい人が現れて助けてくれました. いきなり幽霊デタァーッ! ってこの人味方なの!? 前作を遊んでないのでこのへんちょっと「? 」状態だったんですが、とりあえずこの人(幽霊)と協力しながら、施設からの脱出をはかることになった模様. 味方が幽霊って、心強いんだか怖いんだか… . 本作の主人公であり、特殊部隊”F.E.A.R.”の元隊長でもあるポイント・マンさん. 親切な幽霊・フェッテルさん. Co-opモードでは2プレイヤー側の操作キャラになります. 独房を出てちょっと進むと、いきなり敵兵士との銃撃戦が始まります. ホラー要素とアクション要素がバランスよく混在しているのが『F.E.A.R.』シリーズの特徴だそうで、油断しているとアッという間にハチの巣に. てっきり幽霊から逃げるようなゲームだと思っていたので、意外な展開に面食らいながらもちょっと一安心. ホラーゲームは大っキライだけど、人間が相手ならどうってことないぜ! 本作ではBボタン(※Xbox 360の話です)で遮へい物の後ろに身を隠すことができるので、うまく障害物を渡り継ぎながら進んでいくとイイ感じでした. ナイキ?ナイキ エアジョーダン1 エアマックス あとこの主人公、ゲージを消費することで一定時間、周囲がスローモーションに見える特殊能力”スローモ”を使えたりするみたいです. 仲間は幽霊、主人公は超人… ってもしかして、僕らスゲー強くないですか? FPSのお約束で、ダメージを受けてもしばらく身を隠していればすぐ回復. 相手が2~3人だったら、思い切って突っ込んでいって殴り倒してしまった方が早いくらい. ヒャッハー! これじゃどっちがホラーかわかんないぜ! 通路に積まれたコンテナや、廊下の曲がり角など、身を隠せるものはなんでも利用しよう. Yボタンでスローモ発動! 敵に囲まれた時など、有効に使っていきたい. ――などと調子こいて進んでいくと、そのうちにピタリと敵の攻撃がやみ、誰もいない薄暗い通路にさしかかりました. なんか不気味な音楽まで流れ始めたし、よく見るとカベには血のようなシミが… . こういう場所はとっとと通り抜けちゃうにかぎる、と思ってドアに手をかけると… ! ギャーッ! な、なな、なんか今、一瞬赤い服の女の子が! と思ったらもういなくなってる. あやうくコントローラ落とすところだったよ! もしかして、あれがウワサのアルマさんだったんだろうか? まだ心臓がバクバク言っていますが、とにかく先へ進まないと… . 鉄格子を開けた瞬間、いきなり赤い服の少女が! こんな感じで、移動中にいきなりホラーな演出が挿入されるので油断できません. →半泣きのてっけんを、まだまだ”恐怖”が襲う!!(2ページ目へ).

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>