秘密指定「国会に報告」 保護法案、自公が

特定秘密保護法案をめぐり、自民、公明両党は15日、日本維新の会、みんなの党と修正協議をし、閣僚らによる秘密指定を「チェック」する方法として、新たに「国会への報告」の条文を設ける修正案を示した. ただ、国会が指定の妥当性を個別にチェックするわけではない. 政府から指定の件数など概要のみの事後報告を受けるだけにとどまる可能性がある. 法案への意見投稿はこちら 与党はみんなの求めた「立法府のチェック」について「国会への報告」の条文で「政府は毎年、特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施の状況について国会に報告するとともに、公表する」と追加する案をみんなと維新に示した. 与党は秘密指定範囲の限定について、法案中の「安全保障」の文言に「安全保障(外部からの侵略その他の脅威に対して国家及び国民の安全を保障することをいう)」とカッコ内で詳しく説明する案を示した.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>