薄夫妻、4800億円海外送金 不正蓄財か

別の2人の不審死も関与か 中国・重慶市の英国人男性殺害事件などを巡って、失脚した同市共産党委員会前書記の薄熙来(ポー・シーライ)氏(62)と妻の谷開来(クー・カイライ)容疑者(殺人容疑で拘束)が、不正に得たとみられる60億ドル(約4800億円)を海外送金していたことが、党当局の調べでわかった. 夫妻周辺では殺された英国人のほかにも2人の不審死が確認され、党当局が谷容疑者の関与について調べを始めたという. 胡錦濤(フー・チンタオ)・党総書記の秘書室にあたる党中央弁公庁が3月と4月中旬の計2度出した事件に関する内部通知を見た複数の党関係者が明らかにした.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>