韓国軍サイバー司令部の11人立件 政治的

ソウル=貝瀬秋彦】韓国国防省は19日、インターネットに政治的な書き込みをしたとして、軍の「サイバー司令部」所属の11人を政治関与などの容疑で立件したと発表した. この件をめぐっては、軍が昨年の大統領選に介入したとして野党が追及していたが、同省は「大統領選への介入はなかった」とした. 同省によると、サイバー心理戦の団長が済州島の海軍基地建設などへの世論対策として「政治的な表現もためらうな」と指示. これを受け、メンバーらが約1万5千件の政治的な書き込みをし、うち約2100件については特定の政党や政治家を擁護したり、批判したりした内容だった. 同省は「軍の政治的な中立義務に違反した行為があった」としたが、軍が情報機関の国家情報院と連携して大統領選に介入したとの疑惑については「大統領選への介入指示や、国家情報院との連携に関する事実は確認できなかった」としている. これに対し最大野党・民主党は「厚かましい捜査結果だ」と反発. 特別検察官による捜査を要求しており、政治的な対立は続きそうだ.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>