Tag Archives: クリストファー

クリストファー・ケインがロンドアシックス バッシュンのタクシ

イギリス人デザイナーのクリストファー・ケインが、英ボーダフォンのためにロンドンの黒タクシーにデザインを施した. クリストファーは、ユニオンジャックと2011年春夏リゾートコレクションで有名な空柄のプリントを組み合わせたデザインを、5月23日から道路を走る100台のタクシーに施すという大変身を行なった. この新デザインのタクシーには、携帯電話の充電器のほか、顧客がメールで支払いを行えるという新たなサービスを搭載している. 「ブラックキャブは、ロンドンの風景の象徴. 自分特有のしるしをタクシーに残せるなんて光栄だよ. モンクレール ダウン 道で見かけた車を呼び止めるのが楽しみだね! 」とクリストファーは喜びを語る. 英ボーダフォンのブランド・マーケティング主任、ダニエル・クルークは、「クリストファー・ケインは、世界でも人気であり、驚くような素晴らしいクチュールを作り出す存在なので、デザインの提携をするには完璧な相手でした. この新しいボーダフォンのタクシーは、ロンドンに住む人々が出先でも友人や家族と連絡を取れることと、ロンドンの街に高級ファッションの感覚を取り込むことを保証しているんですよ」とコメントしている.

クリストファー・ケインら、ナイフ犯罪撲滅

ロンドンのデザイナー、クリストファー・ケインとメアリー・カトランズーは、12月14日(現地時間)に英オークションハウス「サザビーズ」で開催されたオークションに参加. ロンドンにおけるナイフ犯罪撲滅チャリティ団体「アート・アゲインスト・ナイブス」への支援を目的としたオークションで、2万5000ポンド(約320万円)を集めた. チャリティ団体は、2008年にナイフ攻撃を受けて車椅子生活となった、セントマーチン美術大学の学生、オリバー・へムズリーによって設立された. 同団体を熱心に支援するクリストファーは、「私は、犯罪の多いロンドンのハックニー地区を拠点に活動する一人. 確かにギャングによる暴力行動は、身近に起きています. 私たちのコミュニティ内で、アーティストとしての成長と創造性を育む環境を整えるために、『アート・アゲインスト・ナイブス』を支援することは大切なことだと思います」と語った.